こんな季節ですから。

最近、暑くなったり寒くなったり、気候の変化が激しいですね。

子ども達も咳をしたり、鼻水が出てきたり、熱を出してしまう子もいます。

そんな症状があると、体調が戻るまで、お外遊びをお休みすることもあります。

保育園では、そんな時でも室内で身体を使って遊べるように工夫しています。

静かに遊ぶことと、動いて遊ぶことをバランスよく計画し、子どもたちの遊びを保障しています。

今日のおひさま組では、肋木という遊具を使用して遊びました。

滑り台のようにして遊んだり、ジャングルジムのようにして遊んだり。

子どもの運動面の成長だけでなく、その日の体調などに合わせて活動を考えます。

より子ども一人ひとりに合わせることを行っています。