野菜をさわってみよう。

近頃の子どもが遊ぶ姿を見ていて、時代と共に変わってきているな、と感じることがあります。

その一つが『ままごと遊び』です。

①お買い物に行く

②帰宅して、お料理をする

③ご飯を食べる

この、②の工程が短くなってきているように感じています。

ご家庭では、日々時間に追われる毎日。近年充実している外食やお惣菜を利用することも多いと思います。したがって調理の工程を見る機会が減ってきているのかもしれません。

 

そこで野菜の展示を始めました。

 

野菜の大きさ、重さ、におい、触感等、実際に触れてみないと経験できないことがたくさんあります。実際に触れて五感を使い様々なことを感じて下さい。

 展示する野菜は、今週の給食で使用した旬の野菜を展示します。

 

実際に手にして、においを感じた子どもたち。反応は様々でした。

自分だけではなく、お母さんと感じあったり、お母さんにも教えてあげたりする姿が見られました。

 

送迎の少しの時間、生の野菜に親子で触れ、食についての会話をする時間のきっかけになればと思います。