4.牛乳パックのトンネル

材料:牛乳パック

    新聞紙

    ガムテープ(カラーガムテープを使用しました)

”ちょっとした段差を超えるのが楽しい!”

”トンネルくぐり好き!”

”お友達と顔を合わせてにっこり!”

こんな子どもの姿が見られて来たら・・・是非、こんなおもちゃを!

子どもは動くことが大好き。歩けるようになって、世界が広がり、それに伴って行動範囲も広がります。また、身体を自由自在に動かせるようになった喜びを全身で表しています。スペースが狭くても、おもちゃを準備してあげることで、子どもの思いを満たし、経験を豊かにしてあげられるのではないかと思います。

 

牛乳パックの中に新聞紙を詰めて作るトンネルは、重量感があり、どんな形に設定しても倒れません。あっちこっちのトンネルをくぐり、顔を出してニコニコ、ちょっと高くしてよじ登ったり、隠れたり、ジャンプしたり。遊び方は、子どもの成長に合わせて自由自在です。トンネルにカーテンをつけたり、牛乳パックを布で巻いたり、オリジナルのトンネルを作ってみてくださいね。