2.感触、音シート

材料 :コットン地、 レジ袋、 エアーパッキン、 トレーシングペーパー、

刺繍糸かミシン(アップリケやチロリアンテープ、レースなどで飾り付けするのも良い)

『シャカシャカ』  『プチプチ』 『ガシャガシャ』

など、色々な感触と音が楽しめるシートです。

軽くて柔らかい素材なので、握っても振っても音が鳴ります。

このような玩具の良いところは、自分が手や指を動かしたことを実感できること、目で見て、耳で聞いて、手を動かすことにより、視覚、聴覚、手の動きを結びつけやすくなります。また、音だけではなく感触も楽しめるのでより一層おもしろいようです。

『おもしろいなぁ、』という気持ちが、やがて自分から手を伸ばし遊びを探し始める意欲へと繋がるのです。

さらに、大人も一緒に遊ぶと、大人と同じように握ったり振ったりする姿やじっと見つめるまなざしがあります。

楽しさを知り、楽しさを共有する兆しが見られることでしょう。