10周年記念パーティーを終えて

先日、そらのこ保育園10周年記念パーティーが行われました。

総勢180名を超える参加があり、懐かしい笑顔とたくさん再会することが出来ました。

 

久しぶりの人々が再開して、その当時の思い出話に花が咲く。

そんな光景が会場のいたるところで見られました。子ども達は恥ずかしそうにしながらも話の中心にいます。

子どもが大きくなったことに比例して、たくさんの思い出があるものですよね。

今となっては笑い話になってしまうようなことも、その当時は一大事件でした(笑)そんなエピソードを10年経っても一緒に話し、振り返られる人々がいることは素敵なことだなと思いました。

 

同時に行った『あきらちゃん・コロッケくん あそびうたコンサート』では、親も子も保育士も、参加していただいた方々みんなで、一緒に楽しむことが出来ました。あそびうたの中で、みんなの誕生日をお祝いして、そらのこ保育園の10歳の誕生日もお祝いしてもらいました。楽しいあそびうたをありがとうございました。

これからも保育園が歳を重ねるたびに、たくさんの方々と喜び合いたいと思いました。


 

あさがお、染物に挑戦 ~①まずは朝顔摘み~

6月のブログに載せたように、ひまわりと朝顔は近所の方から苗を頂きました。

保育園の花壇には咲く『ひまわり』『朝顔』が綺麗に咲いています。

今回、この素敵なお花達で何か出来ないかな・・・ということで、

 

朝顔で染物を行うことになりました。

つばさ組(5歳児)の子どもたちが、挑戦します。

 

『あ、これなんか形が違う!』

『これとこれの組み合わせ綺麗じゃない!?』

『白は何色に染まるのかな』

 

子どもたちのおしゃべりは摘みながらでも止まりません。

どんな色に染まるのか楽しみだね。

9月に染める活動を行う予定です。

 

完成したものは、『第7回八乙女コミセン作品展示会』に出品します!!

           日時 : 平成26年9月12日(金)~14日(日)午前10時~午後4時

           場所 : 八乙女コミュニティーセンター

 


仙台七夕まつり

仙台では毎年”仙台七夕まつり”が行われています。

夏の日差しに照らされてキラキラと綺麗で、観光客の方々を楽しませているのではないでしょか。

そらのこ保育園では、毎年仙台七夕に飾りを出品しています。

大きく立派なものではありませんが・・・。

一番町四丁目商店街振興組合さんが行っている ”七夕☆アーケード下子竹飾り" に参加させてもらっています。

子どもたちが作った七夕の作品を、保育園の笹竹だけでなく、こちらにも飾ります。日本の伝統行事を知るとともに、仙台の伝統文化にも触れる機会と捉えています。

 また、交流させてもらっている『ツクイ仙台八乙女』さんの利用者さんが作る七夕飾りの吹き流しがとても綺麗で、昨年から合同で出品しています。

 

 子ども達が、日本の文化や伝統を知り、大切に思ったり、興味を持ってくれたりする機会は、これからも大切にしていきたいと思います。

 

七夕☆アーケード下子竹飾り

7月31日に飾り付けを行い、それから仙台七夕まつり開催終了まで飾られます。そらのこ保育園の飾られている場所はディズニーストアを三越方面に進んだ中間あたりの”ますや履物店”前です。

夏祭りが無事に終わりました。

いよいよ夏祭り当日・・・。

良すぎる天気に、汗を流しながら準備してくれた保護者の方々とボランティアの学生さん。保育者の力にプラスしていただき、盛大に行うことが出来ました。まだまだ暑い時間帯ではありましたが、在園児と卒園児、そして地域の方々と共に、楽しくにぎやかな時間を過ごせました。

つばさ組、にじ組、もり組の子どもたちによる”おみこし”で、お祭りスタート。揃いのはっぴを着て、少し照れ笑いを浮かべつつ誇らしげな表情が印象的でした。クラスのみんなと一つのものを作り上げることは、イメージを共有すること、協力すること、意見を出し合うこと等、様々な感情、状況を経験します。その過程の中で一人ひとりが成長していくことで、集団としての成長となり、仲間として認めあえる関係が築けていけるのだと思います。今回の経験が子どもたち一人ひとりにとっての成長へ繋がっていることを願います。

保育者、保護者、ボランティアの方々、地域の方、ファミリーマート真美沢店さん、引っ越しのサカイさん、斎テントさん、アゾットさん等・・・たくさんの方々が今回のお祭りに参加、協力してくれました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。子どもたちだけではなく私たちも、今回の経験でイメージを共有しあい達成させるためにみんなで協力し、お祭りの成功へと繋ぐことが出来ました。

お祭り自体は事前の計画通り、みんなで楽しむことが出来ました。保育士が試行錯誤して準備した各コーナーは、じっくり遊ぶ子ども達の姿を見ることが出来ました。保護者会の食品コーナーも列が出来るほどの大盛況。地域の方々の参加もたくさんありました。

夏祭りを終えて、心地よい達成感と若干の疲れをも共有しあいました・・・。

 

携わっていただいたすべての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

 

ファミリーマートさんに感謝

今年度の夏祭りは、より楽しめるコーナーを計画中です。

その中の一つに”空き缶積み”があります。

空き缶を高く積み重ねて遊びます。何か素敵なおもちゃを準備するわけではありませんが、遊び方次第で楽しめるものです。ぜひ、楽しさを体感してみて下さいね。

 

空き缶積みでは、たくさんの空き缶が必要です。集めることに苦労していましたが、保育園のそばにあるファミリーマートさんにご協力いただきました。ありがとうございました。

 

ファミリーマート真美沢店

 

夏祭りに向けて保護者会が行われました

6月21日(土)に保護者会が行われました。

内容は、夏祭りのバザーについてです。

食品を何にするか、物品は行うか、前日までの準備や当日の流れ等、昨年までのことを参考に、確認しあいながら決めていきました。子どもたちが楽しみにしている夏祭りですが、保護者の皆様にとっても、楽しみの一つになってもらえるといいなと思っています。

『売ったりするのって意外に楽しかったよね』毎年終わってから保護者の方が言うセリフ。

保護者の方々の協力に支えられているなと改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

 ≪保護者の方から≫

いよいよ夏祭りも近付いてきました!

去年はあいにくの雨でしたが、今年はどうかな~?

子供たちの楽しむ姿がたくさん見たいので、今年も頑張って準備を進めています!

先生方もよろしくお願いします~!

(保護者会役員の保護者)

 

各コーナー遊びが決まりました。

七夕会の時の話です。

願い事の短冊には『夏祭りが晴れますように』と書かれていました。

お天気に恵まれると良いですよね。

 

夏祭りが徐々に迫ってきました。

各コーナー遊びの担当も、どんな風に楽しむかを決めて、各々準備を行っています。みんなが楽しく参加できるように、知恵を絞りました。

『こまコーナー』

こまコーナーでは、東黒松在住の こま名人”芳賀さん” に来ていただき、こま回しを教えてもらいます。初めて見るようなこまもありますよ。

『魚釣りコーナー』

水にプカプカ浮いている手作りの魚をすくいます。さあ、何個すくえるかな。

『段ボール迷路』

おばけ迷路にすることに!

各所におばけがいて迷った子どもたちはびっくり・・・のはず。

 

その他にも、楽しいコーナーがいっぱいです。

残りは、また今度ご紹介します。

引越しのサカイ様、ダンボール、ご協力ありがとうございます!

夏祭りで行う 『ダンボール迷路』 での大きな悩み。

それは、ダンボールが大量に必要だということ。

どうしようかと思っていたら、救いの手がありました。

引っ越しのサカイさんから頂けることになったのです。本当に有難く、感謝します。ありがとうございます。

そらのこ保育園の迷路は、

かわいいパンダさんがたくさん見つけられるはず!

 

さて、ここからは保育士のお仕事です。当日、子どもたちが楽しめるように迷路の図面を考えます。大きい子も小さい子も楽しめるような、親子で楽しめるような、そんな迷路を考えていきたいと思います。

初めてのことなので、これからもいろいろな問題や悩みが出るかもしれませんが、その都度、みんなで乗り越えて、素敵な夏祭りにしていきたいと思います。

いわなのつかみ取り@ツクイ仙台八乙女

昨年度から、ご近所の 『ツクイ仙台八乙女』 さんとの交流を行っています。

園内以外の方との関わりや豊齢者の方々との関わりが出来る機会となるよう計画しています。

今回はツクイさんが行う 『いわなのつかみ取り』 ”に一緒に参加させてもらいました。

生きている魚を見ることも触れることは貴重な経験で、好奇心旺盛な子どもたちは、生き生きした表情でした。ビニールプールに放たれた 『いわな』 を見つめ、つばさ組(5歳児)の女児がつかみ取りに成功すると、他の子も次々に成功。

おじいちゃん、おばあちゃんが掴むときは、応援隊に。

その後、おじいちゃんが目の前でさばいてくれて、焼いてくれました。命を頂くことを子どもたちなりに感じたのではないでしょうか。

つかみ取りが終わると、おじいちゃん、おばあちゃん達と自然に関わる場面がありました。お手玉を教えてもらったり、肩たたきをしてあげたり。

担任のはるか先生は、

『子どもたちに特にこうしようと話したわけではないのに、自然にそんな行動が出たことが嬉しかった。』

と話していました。

同じ場所で、同じもの(いわな)を通して、距離が自然と縮まったのかな。

 

その時の様子を動画にしました。(※無音です)

↓↓↓

ご近所の保育園

ある日。

そらのこ保育園の外に、近所に住むお母さんと子どもがこちらを指さし、立っていました。

保育士が声を掛けると、

『子どもが中に興味があるみたいで、指差してたんです』 と話していました。

『中に入ってみますか?』 と誘ってみると、遠慮ぎみに中へ入っていきました。

他の子ども達と遊んだり、園内を見てあるいたりしていました。

お母さんから、『また来てもいいですか』 と聞かれたたので、

『いつでもどうぞ』 と話しました。

 

近所に保育園があることは知っていても、中に入ることやコンタクトをとることにはドキドキする方が

多いのだと思います。保育園は、特別なことは何もなく子ども達が遊ぶ場所です。

お家に1人で子育てをしているお母さんたちは、不安がいっぱいなんですよね。

ぜひ、いつでもお声掛け下さいね。

地域に保育園がある意味を考える機会となりました。